保湿成分が含まれる

海に足までつかる妊婦

ベビーローションの塗布の工夫で得られるメリットについて。

「ベビーローション」とは、主に新生児や幼児などに使用する保湿剤をさします。一般的に、大人のスキンケアローションなどに必要な収斂効果や美白効果といった成分はなく、低刺激性の成分で作られています。 これらを新生児や幼児の肌に塗布する場合には、あまり摩擦して塗りこまないことが大切です。特に新生児などの生まれたばかりの肌は、とても薄く大人の皮膚の三分の一程の厚みしかありません。その為、刺激にも敏感で水分も失いやすいのです。また、「ベビーローション」は肌の表面を保護し、肌へ有害物質が進入するのを防止する役割を持っています。その為、塗りこみ浸透させるより、肌表面に留まらせる事が大切です。「ベビーローション」等を塗る場合は、一部分につき一度、上から下への一定方向に塗布すると、皮膚を健やかに保つことが可能です。

近年注目を集めているオーガニックベビー製品とは。

様々なメーカーで、様々な製品が開発されている「ベビーローション」ですが、近年では、「オーガニックなベビーケア製品」が人気を集めています。 「オーガニックベビーケア製品」とは、化学物質などの原材料が使用されておらず、天然由来成分などで製造されており、合成着色料・パラベン・香料・石油由来成分・アルコールなどが無添加である製品をさします。また、一般的にそれらの原材料も、厳しい基準をクリアした有機農法などで栽培・製造されているので、敏感でデリケートな新生児や乳児などのスキンケアに安心だと支持を集めているようです。なかには、遺伝子組み換えの原材料の使用を禁止しているなどの基準を設けているメーカーもあります。