大人より少ない水分

赤ちゃんをあやす母親

赤ちゃんのお肌は大人が思っている以上に水分量が少なかった

赤ちゃんは冬になると肌が乾燥しがちです。 生まれてきたばかりの赤ちゃんは、もちもちですべすべのお肌だと今まで思っていました。 案の定、生まれてすぐのときは綺麗なお肌で羨ましいほどでした。 ですが3ヶ月目くらいから気になる程、乾燥肌が目立つようになりました。 少し外出しただけでも帰ってくると肌の表面が目に見える位荒れていて、白く乾燥していました。 お風呂から上がってお肌を見てみましたが一向に改善されず、私はこのことを小児科の先生に相談しました。 赤ちゃんは、ミルクだけでは普段かいている汗の量には追いつかず水分が足りなくなってしまうそうで、大人と比べて水分量が半分以上少ないこと、外気の刺激にとても弱いことなどを教えてくれました。 そして、対策法としてベビーローションを薦められました。

ベビーローションの魅力

私が小児科でもらったベビーローションは3種類でした。 ローションタイプ、乳液タイプ、クリームタイプです。 大人と同じようにこんなに塗って、赤ちゃんのお肌には刺激が強すぎるのではないかと思い少し不安な気持ちでした。 ですが、ベビーローションに入っている成分を1つ1つ説明してもらい、大人のものよりも刺激がとても少なく、保湿力が高いことを知りました。 早速お風呂上がりにローションを塗り、特に乾燥の目立つ所にはクリームタイプを薄く重ね塗りして経過を見てみました。 3日後、外出から帰ってきても驚くほど肌は全く荒れず効果抜群でした。 お肌のトラブルもなく、乾燥肌を見事に改善することに成功しました。 初めての子育てで、赤ちゃんのお肌の乾燥に悩んでいる方も多いと思います。 もちろん普段から清潔にしてあげることは絶対条件ですが、お風呂上がりにベビーローションで保湿してあげるだけで全然違うということを実感した出来事でした。